けい。冬に桜の咲くところ出身。体内に7本のねじを持つ。2度の中国留学経験を持つ。中国語とその周辺をつれづれなるままに。


by johny_gee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

20090219 NHK高校講座で学ぶ

 わたしは北京の某大学院で授業を受けているわけですけども、中国語力はどう逆立ちしたって中国人学生に敵うはずもありませんし、中国人の先生が中国人の学生向けに中国語で授業しているわけですから、チンプンカンプンになったってそれもまぁ仕方のないことです。中国文学の話なんて始まったら、聞いたことない作者に聞いたことない作品がずらずら出てきて、もうすっかりお手上げです。

 それは、まぁ仕方がないで済ませられる問題(なのか?)ですが、困るのは日本のことが出てきた時です。「この作品は日本ではどういう評価を受けているの?」「この時代の日本の社会は~~?」とか聞かれて何度冷や汗をかいたか分かりません。ましてやわたしは学部で唯一の日本人ですからわたしが知らないなどと答えようものなら「何だ、日本人はこんなことも知らないのか」と思われかねません。Mandarin NoteのMarieさんもおっしゃっていますが、「日本語で話せないことを外国語で話せるわけは」ないんです。

 そんな中、わたしがひそかにお世話になっていたのがNHK高校講座のサイトです。例えば
古典 第32回 諸家の思想
老子 柔弱
講師:筑波大学附属高等学校教諭  渡辺 雅之
諸子百家(しょしひゃっか)とは、中国の春秋・戦国時代に輩出した思想家たちを総称して言います。第30回~第34回は、「論語」「孟子」「老子」「荘子」「韓非子」のそれぞれの思想を取り上げ学んでいきます。
とか
倫理 第49回 西洋思想と日本人の近代化
日本に哲学はあったか
講師:日本女子大学教授 田中 久文
■西田幾多郎の説いた「純粋経験」とは何かを学ぶ。
■西田の「無」の思想を理解する。
■西田の思想の背景にはどのようなものがあったかを考える。
とか
現代社会 第54回 日本国憲法と民主政治
日本国憲法の成り立ち
講師:法政大学教授 杉田 敦
近代憲法の一つ明治憲法は、天皇を中心とするものであったが、第二次世界大戦後に成立した日本国憲法は、国民が主権者であるとし、基本的人権の尊重と平和主義を打ち出した。
なんていう授業のラジオ音声がいつでもオンデマンドで聞けちゃうわけです。

 今もちょっと仏教関連の論文を書かなきゃいけなくて、また倫理の番組でも聴こうかなぁと思って久しぶりにNHK高校講座のサイトを開きました。ななななななんと、ラジオ音声だけでなく、テレビのVTRも丸々見られるようになっているじゃないですか!!確か前はテレビの方は理系科目しか見られなくて「どうせなら日本史と世界史が見たいのになぁ」と思っていたんです。「何よ、見られるようになってたんなら言ってよ」ってなもんです。そんな訳で今日は
世界史 第8回
隋唐帝国を訪れた日本人
講師:学習院大学教授 鶴間 和幸
隋・唐帝国は中国に統一と繁栄をもたらし、外国からも商人や使節などさまざまな人々が中国を訪れました。特に日本は遣隋使・遣唐使を派遣し、隋・唐の制度や文化を熱心に摂り入れました。今回は、中国を訪れた日本人の立場から隋・唐帝国の盛衰をたどります。
とかを見ていました。

 やはりと言うか、英語の授業が充実しています(実は国語も)。テレビには英語Ⅰ、ラジオには英語Ⅱとオーラルコミュニケーションが。ラジオの語学講座もオンラインで聞けるようになるそうですが、NHK高校講座では少なくとも1年以上前からオンライン対応でした。ラジオ講座大好きのるもんがさんもさすがにここはチェックしてなかったようです。

 そんな訳で、皆様の興味のある話題も何かしら扱っているかと思いますので、探してみてください。教養を高めるのにもよろしいかと思います。そうそう、パソコンに落としてしまってメディアプレイヤー等で速度を上げて視聴なさると時間も節約できてよろしいかと。

 さて、わたしは引き続き
世界史 第33回
革命の世紀と中国 ~毛沢東の生涯~
講師:立教大学教授 上田 信
1911年の清朝滅亡後、中国は混乱が続きます。その中で農民に依拠して革命を成し遂げ、中華人民共和国を築いたのが毛沢東です。しかし彼が晩年起こした文化大革命は多くの人々を苦しめました。毛沢東の生涯を通して20世紀中国の激動の歩みをたどります。
でも見ようかしら。

■リンク
 NHK高校講座ホームページ

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-02-19 20:44 | 役立つサイト/有用的网页