けい。冬に桜の咲くところ出身。体内に7本のねじを持つ。2度の中国留学経験を持つ。中国語とその周辺をつれづれなるままに。


by johny_gee
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:勉強/学习/공부( 117 )

20100221 狼图腾

 さて、読み始めましょうか。
 ↓こんなの見つけました。あー、英語の音声かぶせないで、字幕にしてくれればよかったのに、听不懂だよ……。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2010-02-21 15:58 | 勉強/学习/공부

20100217 狼图腾

 ふふふふふ、何を隠そう、この期に及んでまだ読んでません。が、音声はもう何度も聴きました。土日に読むつもりです。音声で聴いていただけではよく分からなくても、文字で読めば「あー、そうか」とか「あーそう言っていたのか」とかいろいろあるでしょう。その辺を中心に書いていこうかなぁと。

 月曜日にアップ出来るかなぁ……。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2010-02-17 22:19 | 勉強/学习/공부
 "新年快乐"なんて書いてみましたが、別にそんな気分はまったくありませんね。まぁ、最近は北京人民广播电台MBC문화방송を聴いてて、「あー、そろそろ春节かぁ」くらいは思ってましたけど。

 さて、akiraさんの記事『暗記より瞬訳』を読んで思ったことを。
 

 akiraさんは
私が語学学習で効果を感じたのは和文英訳/中訳/韓訳の添削、ディクテーション、テキストビューワによる朗読、類語分類による語彙の整理の4つで、暗記は無意味だと痛感した。
と書いてらっしゃいますが、同じような書き方をするならば、「わたしが語学学習で効果を感じたのはディクテーションと作文で、暗記は副産物だ」となりましょうか。

 どなたにとっても暗記は決して目的ではないと思うんですよ。「中国語なんてできるようになんかならなくていい、わたしはこの一篇を暗記さえできればそれでもう満足だ」なんて人はいませんよね。つまり、暗記は目的ではないということです。

 では、「目的は何か」と言ったら、やはり「中国語ができるようになる」でしょう、やや幅が広すぎる気もしますが。では、暗記はその目的を達成するための手段となりうるかどうかですけど、まぁ、「ならない」と言うわけにはいかないでしょうねぇ。でも、わたしもあまり積極的に暗記を勉強に取り入れてきませんでした。日本語のよくできる中国人に秘訣を聞くと、たいてい「暗記」だったりしたので、もっと暗記に力を入れたほうがいいかなぁと何度も思ったりもしましたが、結局あまりしてきませんでした。どうしてしなかったかと言うと……んー、どうしてでしょう? つまらなかったから、ってことかなぁ。

 積極的には暗記してませんでしたけど、結果として暗記していたというのは当然あります。ディクテーションを繰り返している内に覚えちゃった、というものですね。「お薦めの勉強方法をひとつだけ挙げろ」と言われれば、わたしは迷うことなくディクテーションをあげます。どうしてお薦めなのかはココとかに書いてありますが、何度もやっている内に知らず知らず暗記してしまったというフレーズがどうしたって出てきます。もちろん、何度やっても頭に残らないフレーズもあります。それはそれで別にいいのかなぁ、と。


 ただ、「学問に王道なし」とはよく言ったもので、やっぱり万人向けの勉強方というのはきっとないんでしょうね。暗記することでよくできるようになる人もいるのでしょうし、ディクテーションをやって伸びる人もいるのでしょうし、テレビを見てできるようになる人もいるのでしょうし、そして、その逆の人もいるのでしょうし。

 向き不向きもありますし、それぞれの日本語能力も違うわけですし、中国語のレベルによっても勉強すべきことは違うでしょうし、やはり、自分にあった勉強法というのは自分で見つけるしかないのでしょうね。効率のいい悪いはあるとは思いますが、どんな勉強してもプラスに働くと思いますので、いろいろやってみるのがよろしいかと。一番悪いのは「どんな勉強法がいいか分からないから、勉強法の書かれているものばかり読んで、実際にはちっとも勉強していない」という状況だと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2010-02-14 12:29 | 勉強/学习/공부

20100208 无声读物

 ちょ、ネットde読書会のペースが恐ろしいことになってますけど、皆さんこのペースで進んで行っちゃうのでしょうか。いま見たら第三章担当のgodzillaさんまでもが書いちゃってるじゃないですか。わたしは22日からの週だからまだ時間はあるな、なんて思っていたのに、そこまでアップしないでいたらなんだか間延びしすぎな感じですけどいいのでしょうか。

 さて、実を言いますとここにいたってもわたしは音声ばっかり聴いていてあまり文字の方は目を通していないんですけど、そろそろ自分が担当になっている第四章を聴き始めようかと昨晩ダウンロードしたんです。で、章の中で1,2,3……となってるのにあわせて編集し直そうと思ったら何かおかしい。第四章(5)の頭がちっとも探せません。と思ったら第四章(4)のお尻もないじゃありませんか。具体的に言うと第四章(4)の終わり4段落分と第四章(5)の始まり2段落分の計6段落、文字数にして1300強の音声がすっぱり抜け落ちてます。音声の方で言うと1月6日の放送分の18:53あたりですね。第四章(4)の終わりから5段落目の最後他也开始理解为什么许多西方科学家仍然虔诚地跪在教堂里のあと、いきなり第四章(5)の3段落目の这年的春天来得奇早に飛んじゃってます。

 む~、テキストデータのみならず、音声までも欠けがあるとは……。とりあえず本は出張の時に買ってこようかしら。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2010-02-09 07:38 | 勉強/学习/공부
 xiaoqさんの記事を読んで思い出しました。相声のつかみとかでよく使われるネタのようで、わたし自身も相声を聴きに行って2回聴いたことがある小ネタです。
“《四书》有哪些,你知道不?”
“《四书》? 谁不知道啊,《大学》、《中庸》、《论语》、《孟子》嘛。”
“对,那你知道每一本书是谁写的吗?”
みたいな感じで質問をしていって、最後に
「じゃ、四書の重さは?」
「重さ? 重さは分からないな、教えてくれ。」
「5斤。」
「5斤? 何で?」
「四書五経」
と。まぁ、なんともつまらん落ちだなぁと思いますけど、会場では大受けでした。

 それはともかく、この落ちは"5斤""五経"の発音が似ているからこそ成立する訳で。ということはネイティブの耳にもやはり"in""ing"は似た音として認識されている証拠じゃないのかと。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2010-02-03 21:23 | 勉強/学习/공부

20100131 京津

 "in""ing"の件が引き続き論じられているので、音声をひとつ。例によって北京人民广播电台、しかも《新闻和报纸摘要》からなのでこの上なく標準的な発音かと思われます。1月10日の放送の、12:56あたりから読み始めるニュースに"京津唐地区"という言葉が出てきます。この言葉がずばり出てくるのは13:08くらいですね。これ以外でも何かと"京津"は耳にする言葉ですが、はっきり言ってわたしのとっては"京津"でも"津京"でもどっちだっていいよって感じです。

 でも、「こんなに違うのに」(by Shiraさんの中国語教室講師)だそうですから、"津京"なんて言ったら、「おいおい蒲目線って何だよ、目黒蒲田で目蒲線だろ、なに勝手に逆にしてんだよ」ってわたしたちが思うくらい「なに勝手に天津を前に持ってきてんだよ」って思うのかもしれません。自分で書いておきながら简直不敢相信です。

■参考(ニュース原稿)
昨天是“三九”第一天,我国大部地区低温天气仍在持续,各地电煤供应依然紧张。产煤大省山西积极行动,全力保障省内和华中、华东、京津唐地区的电煤供应。


■本メモ(何日か前)
 「クリアホルダー整理術」 福島哲史

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2010-01-31 20:43 | 勉強/学习/공부

20100127 修行が足りん

 む~、修行が足りません。昨日、湖南人と日本人の間で通訳する機会があって
日本人:湖南の人は何か特徴がありますか。
わたし:湖南人有什么特点?
湖南人:湖南人……很勤奋。
という会話だったのですが、リアルタイムでわたしの頭の中でこうなっていた訳でなく、"勤奋(qinfen)"のとこでわたしは頭に"情分(qingfen)"という字が頭に浮かんでしまい「義理堅いってことか?」とか思ってしまいました。その後続けて「決めたら最後まで必ずやり通す」みたいなことを言ったので"勤奋"にたどりつけたのです。

 んー、"in""ing"はどうも未だに苦手です。自分の発音を確かめてもらうと発音し分けられてると中国人は言います。そうなると「発音できるようになれば聞き分けられる」という説がどうもわたしには当てはまらないのかなんなのか。いやいや、脳の研究で有名な池谷裕二さんも
 先ほど「認知」とは神経活動のパターンそのものであることを説明した。外の世界が何であっても、脳が適切に活動しなければ、それは認知されないのだ。英語が聞き取れないとは、まさにこれである。「La」という空気の振動が耳に届いても、残念ながら私の脳には「La」に反応する脳回路がない。しかたなく脳は「ラ」の神経は(※わたし注 原文ママ)反応させる。となれば、それは私にとってその音は「ラ」以外の何者でもないだ。本当は「La」であっても、そんなことは私に関係ない。音は脳の外側にあるのではなく、脳の内側で作られるのだから。同様に「Ra」が耳に届いたとしても、それも私にとっては同じ「ラ」である。脳とはわがままだ。事実は都合良くねじ曲げられる。外界はもはや私の感知の外である。実際の世界がどうなっているのかを脳は知ることはできないのだ。

 しかし、多少の望みがないわけでない。聞き分けるのは無理でも、発声の能力ならばうまく身につけられる可能性があるのだ。声は喉と舌と唇の協調した動きによって作られる。つまり運動神経だ。自転車が何歳になっても訓練次第で乗れるようになることから分かるように、運動能力の可塑性は大人になっても衰えない。
 つまり理論的には、訓練によって「L」と「R」を言い分けることは可能なのである。実際に、私は「B」と「V」を言い分けることができる。研究室のアメリカ人に繰り返し聞いてもらって練習したからだ。これは日本人にとって朗報であろう。
 ただし、日常生活で実際にこれを訓練することは現実的だろうか。身近にそこまで辛抱強く付き合ってくれる英米人がいるだろうか。もしあなたの身の回りにいそんな親切な友人がいればラッキーだろうが、なかなかそこまで環境が整っている人はいないだろう。
 ならばCDやテープ録音を駆使してでも独学でやるさ、と思う人は志の高い方である。しかし、ここにも重要な問題点がある。
 たしかにアメリカ人の友人が褒めてくれたように、私はBとVをうまく発音できているのかもしれない。にもかかわらず、私が発したBとVの音が、悲しいかな、自分にはまったく同じに聞こえる。私の脳回路はBとVを聞き分けられないのだ。
とおっしゃっている。
 さて、じゃ、どうすればいいのか……。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2010-01-27 07:41 | 勉強/学习/공부

20100122 该怎么处理?

 ダウンロードした《狼图腾》の初日の放送分を編集して、まずは頭と中間とお尻の音楽を削除し、章の中の1,2,3,4に合わせて切り分けました。で、iPhoneに入れたら
e0085163_8131431.jpg

 どうしてこうなっちゃうの? ちゃんとトラックナンバーも設定したし、iTunes上ではちゃんと曲順に並んでいるのに……。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2010-01-22 08:17 | 勉強/学习/공부
 ネットで読書会メンバーの皆様、好消息です。
 北京人民广播电台の社長に《狼图腾》の朗読を放送してよって去年の暮れに頼んだら"没问题!"ってことだったんですけどそれっきりになっていたので、どうなってるのかなぁと思って昨日確認したら、「1月になってすぐに放送始めたよ」と。何よ、それならそうと連絡してくれればいいのに。

 という訳で、ココが放送初日、1日の放送で2回分、第1回の放送で第一章(2)の後半まで聴けます。現在も引き続き放送中。

 音声保存の方法は過去記事「20090915 北京人民广播电台の音声を保存する」をご覧下さい。

 そして、音声を聴いて判明したことが一つ。なんとわたしがプリントアウトするのに使用した元原稿は、なんと全文でない!! あー、やっぱり115円のアプリを買うか。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2010-01-21 08:40 | 勉強/学习/공부
 『Mandarin Note』のMarieさん呼びかけで始まった、いや「始まることになった」か、まぁとにかくみんなで一冊の本を読もうという読書会。読むことになったのは姜戎《狼图腾》、言いだしっぺのMarieさんは当然のようにがんがん読んでらっしゃるし、第2章担当のaripさんも深く読んでいらっしゃる。あぁ、akiraさんももう読み始めていらっしゃる。いやー、困った。何が困ったって読書会自体はMarieさんが言いだしっぺだけど、《狼图腾》はわたしが言いだしっぺなのだ。そろそろわたしも読み始めないとやばいじゃないか。

 んー、xiaoqさんは中文書籍を手に入れたし、曹操の墓問題もあるし、まだ手を付けてなさそうだな、よし。って何が「よし」だか分からないけど。いや、実はもう読んでいらっしゃるのかなぁ。

 godzillaさん乙矢杏さんもブログで拝見する限りまだ動きはないけど、どうなのかしら。


 となると、まずは本なりなんなりを手に入れなくてはいけない訳で、ものは試しとiTunes Storeで探してみる。いやー、あるもんだなぁ、しかもふたつ。230円のと115円の。んー、115円の方が機能が充実してそうだ。230円の方はしおり機能とかちゃんとあるのかなぁ。

 どうせなら無料のがないかなと続いてMy Readerの無料版で探してみる。ビンゴ! 見つけたぞ、イヒヒヒヒ。と思ったらダウンロードできず。無料版はダウンロードできないのかしら、うぅ。


 とりあえず、ネット上にある本文をワードに貼り付けて、iPhoneで見られるようにいじくる。akiraさんは「紙の本だったら絶対に読もうと思わなかった」とおっしゃっているけど、わたしは紙で書き込みしながら読みたいので、とりあえず6章までをプリントアウト。すきま時間はiPhoneで、部屋では紙で、といったところか。


 んー、オーディオブックも欲しいけど、ネット上で拾えるのは音が悪いなぁ。32kbpsばっかりで。せめて64kbpsが欲しいなぁ。32だと聴いてて耳がすぐ疲れちゃうんだよなぁ……。

 にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2010-01-17 22:46 | 勉強/学习/공부