けい。冬に桜の咲くところ出身。体内に7本のねじを持つ。2度の中国留学経験を持つ。中国語とその周辺をつれづれなるままに。


by johny_gee
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

20070130 空間意識

 宗白华という人の『中国诗画中所表现的空间意思』というのをまた読んでるんですけど、その中で彼は中国画中的虚空不是死的物理的空间间架などと中国画(山水画)の空白部分の重要性を説いているんです。西洋画はすべてを塗りつぶしてしまうが、山水画はそうではない、と。それはとても納得いく話しなんですよ。まぁ雪舟とかの山水画でもそれは当然同じですしね。日本の屏風絵とかでも金色だったりしますけどやはり同じことでしょうし。光琳の燕子花のとかまさにそうですよね。でも中国の山水画とかを見ると空白の部分にいやに文字が書いてあったり、判がついてあったりするじゃないですか。诗中有画,画中有诗らしいからまぁ詩が一編書いてあるくらいは仮によしとしても、なんだってあんなに判がついてあるのよ。それは作者の表した宇宙観への冒涜にはならないの?

 なんてことを考えたり考えなかったり。


単語メモ
伯乐 纠正
[PR]
by johny_gee | 2007-01-31 00:07 | 授業/课/수업

開封

 先日河南省の開封というところに行ってきました。24日夜に北京西駅発の列車に乗って翌日の朝河南省の鄭州へ。そこからバスで開封へ。およそ2年半振りに訪れた開封は多少開発が進んだところもあるものの大体前と一緒でした。相変わらず食べ物はおいしく、そして安く。タクシーにも何度か乗りましたがみんな親切でした。でも、中国人の間では河南省は総じて評判悪いんですよね。いいところだと思うんだけどなぁ。

 北京に来たばかりの頃の宿題で書いた作文を載せてみます。北京の雰囲気が好きになれずに開封への想いが美化されていいことばかり書いてますね。
e0085163_21122374.jpg  河南开封,是一座历史名城。宋朝的时候,开封被称作东京,当然它不是现在习惯上说的日本东京。北宋时代的开封,蒙中一片繁荣盛世的景象,不仅是国内最大的城市,他的社会经济和科学文化水平也是在世界上位居前列。尽管公元11世纪前后的东京汴梁名扬四海,是众所周知的大城市,但现在它已经沦为了一个落后的小城市。当然啦,尺有所短,寸有所长,小城市并不是什么都不行。
e0085163_2113073.jpg  今天的开封仍然承袭了一些旧有的风俗,延续着繁华之梦的余韵。家家养鱼养花,喜欢摆弄花鸟鱼虫,喜欢写字画画,京城里头仍有斗鸡的习俗。唐朝规定,夜晚不能做生意。但到了宋代年头已经完全两样了。繁华地段,到了夜晚到处是做买卖和购物的人。他们共同做着一个多彩的都市之梦。现在呢,还是一到晚上街上都是卖各种商品和小吃的小摊,高吆低喝,悠扬婉转的叫卖声和餐具的碰撞声简直是一曲交响乐,令人出来溜达溜达,人流如潮。
  你看,现代化的大城市,都是高楼大厦鳞次栉比,到处一个样。哪有他自己的特点呢?
  河南开封,不仅是一个曾经魅力无穷的城市,今后也还发扬光大。

[PR]
by johny_gee | 2007-01-28 21:17

20070123 马连道茶市场

e0085163_21341438.jpg もうじき帰国する友達がお土産にお茶を買って帰ると言うので一緒に馬連道というところへ。馬連道というのは北京西駅の南側にあるお茶の問屋町みたいなところでお茶屋さんばかりです。ホントにもうどこもかしこも。

 友達はお土産にするのでみんなたくさん買っていましたが、わたしは自分が普段飲む分だけ。安物のプーアル茶を。50gで18元というのを8元に負けてもらって10元分。62.5gってことか。

 あと、以前急須は買ったけど、小さな湯呑みを持っていなかったのでそれも。これはひとつ2元。値段交渉もせず4つ。

e0085163_21395848.jpg おいしいお茶でも飲みながら、素敵な音楽でも聴きながら、ゆっくり本でも読みたいものです。



単語メモ
压抑 纱线 登台 心惭 膝痒搔背 一事无成 难保 顶撞
[PR]
by johny_gee | 2007-01-23 21:46 | 買い物/买东西/쇼핑

20070122 5000点

 以前にも紹介しましたが、いつもお世話になっている中国語電脳学習室さんでのわたしのこれまでの合計得点が今日丁度5000点となりました。あ~、けっこう長い道のりでした。わたしも始めた頃は5点とか6点とかばかりでしたが(実はつい最近も7点を・・・)、平均点を9.2まで引き上げられるようになりました。次はひとまず9.3を目指します。継続は力なり、皆さんもどうぞ。大変お薦めのサイトです。
中国語電脳学習室
http://www.schoin.org/hanyu/

e0085163_7264191.jpg

[PR]
by johny_gee | 2007-01-22 07:31 | 役立つサイト/有用的网页

不发牢骚

 え~どうなることかと思った論文も一応無事提出できまして、ここ2,3日はゆっくりと羽を伸ばしております。ただ、今学期で終了の留学生同学たちがどんどん帰国してしまって、見送るばかりのわたしとしては寂しい日々でもあります。

 とりあえず、来週は以前の留学先、河南省は開封へ遊びに行く予定です。みなさん留学なんていうと北京だ、上海だって思う方が多いみたいですけど、開封は留学先としてお薦めできますよ。お薦めの点としては
①学費が安い。北京などの半額って感じです。
②生活費も安い。これも半額って感じです。
③いかにも中国って感じがする。やっぱり都会になればなるほど似通ってきますから、どこもかしこも。
 もちろん田舎ですし不便な点もたくさん有りますけどね。

 ここでわたしが開封に留学していた時の日記('03年1月~'04年6月)が読めますのでお暇な方はどうぞ。あちらでコメント付けていただいてもわたしはもうほとんど見ることありませんのであしからず。
[PR]
by johny_gee | 2007-01-20 18:50

今日も发牢骚

 大学院1年生の共通科目が世界文学・国際政治と2科目あります。昨晩19時、期末試験の形式が発表になりました。どちらも小論文です。どちらも3000字、計6000字。締め切りは1月18日。今日はもう11日。今日は午後に哲学の試験があるので明日から始めたとして7日間で6000字。1日860字書いてギリギリセーフ。む~。日本語でなら書ける気もするけど・・・・・・。ブログのお題変えようかしら。戦え!何と?作文と!

 いや、今はまずは今日の哲学の準備だ。
[PR]
by johny_gee | 2007-01-11 07:42 | 授業/课/수업

康德

 今日も发牢骚ですけど、いやー参りました。哲学のテストが今度の木曜日にあるんですけど、カントですよ、カント。『純粋理性批判』なんて難しい本の代名詞みたいなもんじゃないですか。授業で聞いててもやっぱりよく分からないんですよ。聞いてて特別難しい言葉が出てくるって訳でもないんですけど(少しは出てきますけどね)、聞いてるうちにどんどん分からなくなっていっちゃうんです。で、まぁこのままじゃいけないと思ってネット上で参考になりそうなサイトを探して読んでみたんですよ、日本語のですよ、もちろん。これがねぇ、日本語で読んでも相変わらずよく分からないんですよね。どうしたもんですかね。

 先週の授業で哲学の先生が聞いてきたんですよ、試験受けるのかって。受けるって答えたらみんなが同情の目で見ましたからね、わたしを。アレは何だったんでしょう、わたしは試験免除でもよかったってことなんでしょうか、それとも受けても無駄だから哲学の単位は放棄しろってことを言いたかったんでしょうか。

 っと、その前に火曜日の授業で宗白華という人が書いた『中国詩画中所表現的空間意識』って文章について批評しなきゃいけないんだった。ひ~、24ページも有るのね。
[PR]
by johny_gee | 2007-01-07 19:33 | 授業/课/수업

20070105 PLUTO1-11B解説

 ものすご~く久々の漫画で中国語です。前回のを覚えていますか?これです、これ。という訳で『プルートゥ』1-11Bの解答と解説です。
啊……哦。
我是市局的瓦拉斯警长。
如你所见,被破坏得很严重。
想要确认是否失窃可不容易啊……
作案似乎不是以盗窃为目的。
你怎么知道的?
没有翻找东西的痕迹。
我说,你……这么乱的地方你能……
我能确定。
………
这间房间只是单纯被破坏了而已。


詳しくない解説はこちら
[PR]
by johny_gee | 2007-01-05 09:33

賀正

 みなさん明けましておめでとうございます。ってもう2日ですね。いや、いいんです、わたしは2日の正午をも以って年越しな気分ですから。なぜならそれは大晦日の日記でも書いた学術報告のせい。今朝の授業で一応無事(?)終了しました。

 わたしに課されたお題は“水滸学とはなんぞや?”、一応それなりに準備して挑みましたけど、15分くらいで一通り言い終わってしまいました。付録のつもりで付けておいた〈水滸伝@日本〉みたいな部分をもっと話しなさいとの指示。まぁわたしとしても水滸伝の知識なんて逆立ちしたって中国人同学には適わないわけで。

 老師&中国人同学がまず食いついてきたのは曲亭馬琴の「傾城水滸伝」。男女が全部入れ替わって女が105人、男が3人と言ったらなにやら大受け。惜しむらくはわたしが読んだことがないってことか。それにつけても恐ろしいのは老師と某同学。老師が「八犬なんとかってのがあるだろ」と言うと某同学が「南総里見八犬伝です」と答える。なんで知ってんのよそんなの。「最近じゃ水滸伝だけでなく三国志の影響も指摘されてます」という点を挙げて何とか日本人の面子を保つ。

 だのに、話しは「源氏物語」→「忠臣蔵」→「義経記」へと。えー。ちょっとちょっと、今日は水滸伝でしょ?なんでヨシツネ?「ヨシツネはお兄ちゃんと対立して、東北へ行き東北で最期を迎えました」って説明は外れちゃいないけどあまり説明にもなってない訳で。そんな訳でこれから留学しようという皆さん、ならびに既に留学している皆さん、日本のことも色々勉強しておかないと恥かしい思いをしますよ。

 話しは水滸伝に戻って、日本で人気のある登場人物は誰、と。知りませんがなそんなこと。勘で呉用と魯智深と答えてしまいました。「やっぱり日本では頭のいい人間がもてはやされる」と先生なぜか大盛り上がり。先生、ごめんなさい勘です。

 ほかにも色々と聞かれ、しどろもどろになりながら答えたりなんだりしながら何とか1時間の持ち時間が終了。疲れました。ふぅ。


 そんなこんなですが、何はともあれ2007年が世界人類にとって少しでも幸せな一年で有りますよう。
[PR]
by johny_gee | 2007-01-02 17:46 | 授業/课/수업