けい。冬に桜の咲くところ出身。体内に7本のねじを持つ。2度の中国留学経験を持つ。中国語とその周辺をつれづれなるままに。


by johny_gee

<   2007年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

20070630 无题

 えぇ[つぶろぐ]でも書きましたが午前中から雨より先に雷が鳴り始めまして、その後降り出した雨は今も止んでません。1日2日の雨ではどうにもならないんでしょうけど、中国北方は基本的に水不足ですからまぁ恵の雨と言えるのかもしれません。

 さてさて、少し前にも書きましたが最近「死」のことばっかり考えてます。いやばっかりじゃないな。よく考えてます、これくらいにしましょう。あ、わたし自身のではなく、全般的なね。えぇ日本人にとっての死とはなんじゃらほい、みたいな。わたしの足りないおつむじゃいっくら考えてみたところで分かりゃしないんですけど。

 昨晩、というかまぁ厳密に言うと今朝未明にかけて『硫黄島からの手紙』を見ました。この中で渡辺謙演じる栗林忠道と井原剛志演じるバロン西は「生き延びろ」とひたすら繰り返しますが、彼らの考え方は言ってみればアメリカで学んだ考えであって、「お国のために死ね」と言っているその他大勢が日本的な訳じゃないですか。しかも「生き延びろ」と言い続けた2人も最期は自害。む~。
 あ、ちょっと気になったんですけど、嵐の人が演じてた西郷、あの言葉遣いはどうなんでしょうか。当時の若者がどのような言葉遣いをしていらっしゃったのかわたしはちょっと知りませんが、あれじゃちょっとあまりに今風なんじゃありませんか?え~と竹の子族というのが流行ったのは何年程前なんでしょう、竹の子族の追ったNHKのドキュメンタリーの再放送を数年前に見たことがあるんですけど、その時わたしが一番驚いたのは彼ら彼女らの言葉遣いでした。あの人たちは当時まぁ言ってみれば不良とかそっち側な訳ですよね。もう言葉遣いが丁寧の何のって。テレビが今ほど大衆化してなかったから緊張してたのかもしれませんけど。いや、それにしても丁寧な言葉遣いでした。「さてさて」で始まっている今日の2段落目よりは少なくとも丁寧でした。それを考えるとこの映画の中であの言葉遣いはどうなんだろうってね、思っちゃった訳ですよ。


 で、今日の午後帚木蓬生さんの『臓器農場』という本を読みました。読むのはこれで2度目です。文庫本とは言え600ページある小説も日本語だったら数時間で読めるのになぁ、『紅楼夢』もこれくらいのペースで読めればいいのに、とかも思いましたがそれは置いといて。この作品でもまた否が応にでも「死」を意識させられる訳ですよ。脳死とは、無脳症とは、と。そして「生」とは何ぞや、と。


 と、ここで日本の平均寿命に思い至る訳ですよ。たしか今も日本は女性の平均寿命は世界一だったと思います。男女平均でも2位か3位でしょう。世界最高齢も日本人の方に最近なったというニュースを見た覚えがあります。数年前に中国の新聞で「日本人は100歳以上の高齢者が2万人以上いるが、日本の10倍の人口を持つ中国ではまだ1万人に満たない」という記事を読んだことがあります。この日本人の長寿っぷりは何なんでしょう。色々挙げられると思いますが、医療の進歩は間違いなくその理由の一つに挙げていいことでしょう。じゃ、日本の医療はどうしてそこまで進歩できたのかという疑問が出てきます。やはりそこには「生」に対する執着があったんじゃないでしょうか。需要と供給じゃありませんけど、長生きしたいと思っている人がいない国ではやっぱり医療の進歩は遅いような気がします。
 クラスメイトをはじめ、わたしがこれまで話してきた印象では「日本人は我々とは違う、死をも恐れない」みたいなイメージが中国人にはあるような気がします。裏を返せば中国人は生への執着心がより強いと言えるでしょう。「なら有人宇宙飛行なんかに金使ってないで、医療方面の山積みになってる問題解決に力を入れなよ」とか思ったりもするのですが、そう単純なものでもないんでしょう。

 そんな訳で、まとめもオチもなく、ただただここで終わりであります。

■DVDメモ
『硫黄島からの手紙』クリント=イーストウッド監督
■本メモ
『臓器農場』帚木蓬生 新潮文庫

↓↓「何をグダグダ言ってんだか知らんけど、まぁ押すくらい押してやるよ」そんなお気持ちで一つよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
[PR]
by johny_gee | 2007-06-30 22:40

20070628 終了~!

 今日で一応今学期の授業が終わりました。一応というのは実は今日の授業の補講が1回残っているからです。それでも何となく解放されたような気分にはなりますね。あぁよかったよかった。なんて喜んでる場合じゃなくて実は2週間後くらいに出さなきゃいけないレポートとかあるんだった。とりあえず『紅楼夢』を一所懸命読まないとなぁ。読まないことには論文も何もないしなぁ。

 とりあえず今日はこんなところで。

↓↓よろしかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
[PR]
by johny_gee | 2007-06-28 23:55 | 授業/课/수업

20070627 雑記

 いやぁ、今日はおかしな天気でしたよ。昼間の1時半ごろ雨が降り出したんですけど、空はこれでもかっていうくらい曇っているし、雷はバンバン光るし、ゴジラかなんか出てきそうな感じでした。

 さてさて、中国在住、或いは元中国在住、さらには旅行や出張でしか来たことがない方、もっと言えばテレビ等のマスコミを通してしか中国を知らない方、それぞれがそれぞれの尺度で中国は色々と問題あるなぁと思っていらっしゃるんじゃないかと思います。やれ海賊版だ、偽物だ、農薬残留だ、民度がどうだ、貧富の格差だ、政治家の腐敗だ、キЭ宀卄冫卜宀の卜"勹卄丅だなんだとあるわけじゃないですか。で、それは皆さんやっぱり日本と比べて話しをしてるわけじゃないですか。日本はこうなのに中国はどうだとか。ここを見てくださっている方のほとんどが日本で生まれ育った方だと思うので、日本を基準に見るのは当然のことであって、で、色々な面で中国にはよろしくない面があるぞと。わたしも当然そういう見方をしてきてたんですけど、最近どうもその判断の基準の方もいろいろとよろしくないですよね。人の悪口言ってる場合じゃないがな、という感じがしてならない訳ですよ。「美しい国」とか言われても諸手を挙げて賛成できる状態じゃないですよね、はっきり言って。日本人は「躾」というすばらしい文字を作り出しましたけど、「美しい国」になるにはあまりにも「躾」が不足してるんじゃないんですか、お偉いさん方の。いや、お偉いさん方だけじゃないのか。何を言いたいのかよく分からなくなってきたので今日はこの辺でやめますけど、まぁなんというかアレですよ、今回も自戒を込めてってことですよ。は~身を美しく身を美しくと。

■本メモ
《红楼梦》曹雪芹 人民文学出版社 第21、22回
え゛ぇ宝钗ってやっと15歳なの!?
黛玉はそれより下なの!?
あーびっくりした。

ん~、今日のは中国情報なのかしら??
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
[PR]
by johny_gee | 2007-06-28 00:00
 今日もこれでもかというくらいに暑かったのですが、また雪ちゃんからショートメールが来ました。涼しそうな名前でこんな暑い日にはぴったりです。
 我叫雪儿,大学毕业来到北京,一个人日子好难熬,固话拨9626599999陪我一起去旅游,固话95010910与我共赴旅途,询95010000
 ということで雪ちゃんからのショートメールはいつも同じ文面で、一人ぼっちで耐え難い日々を送り、いつでも一緒に旅行に行ってくれるお友達を探しているみたいです。ググったら何か出るかなと思って最初の電話番号で試したらいっぱい出てきました。なんとまぁこんな見え見えのアホメールに引っかかってる輩もいるみたいです。
 中国語では“短信陷阱”とか“钓鱼短信”とか言うみたいですね。

■本メモ
《红楼梦》曹雪芹 人民文学出版社 第19、20回

↓↓今日もおひとつクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
[PR]
by johny_gee | 2007-06-26 21:41

20070624 角斗士

 そんな訳で、昨日は日本人会(?)に参加してきました。料理の写真はじゃんすさんのブログに有りますのでどうぞ。「尼各马科伦理学ってなんだよ」なんて部屋に籠もってばっかりいると精神的によろしくありませんし、たまにはこうして学校とは関係のない方々とお会いするのもやはりいいですね。色々と社会勉強にもなります。えぇなりました。

 さて、みなさん“角斗士”ってご存知ですか。アメリカ映画の『グラディエーター』の中訳も《角斗士》ですけど、今わたしが言っているのはこれではなくて、ボードゲームです。噂によると日本でも相当売れているらしいので、きっとご存知の方もいらっしゃるでしょう。ブロックスというボードゲームです。極々簡単に言うとブロックをつなげて陣地取りをするゲームですね。は~、PSPでも出てるんですね。では、中国語の説明を見てみましょう。
 追記始まり グラディエーターの方は"Juédòushì"ですが、ブロックスのほうは角(かど)で戦うので"jiǎodòushì"でしょう。追記終わり
  角斗士(Blokus)是由法国科学家Bernard Tavitian发明的一款益智类棋盘游戏。凭借Bernard Tavitian的精巧设计和创意,角斗士已在全世界获得多项游戏大奖。

  它的游戏规则很简单,不过却有很强的趣味性,可让玩家发挥无穷潜力。游戏开始时,你要把己方颜色的棋子从棋盘起点处依次摆放到棋盘上,每个棋子只能与同色棋子的棋角相连,不允许沿棋边贴着摆放。常常有许多玩家边玩边气得牙痒痒的,因为在游戏的过程中,你不能只埋头放置自己的方块片,还必须要阻止别人的放置,竞争的刺激性更让这款游戏平添不少乐趣。

  此外,角斗士还可以让小朋友学习图形及相关旋转,变化的概念。只需要认识著名的俄罗斯方块图形就可以上手玩角斗士,所以幼儿园的小朋友都可以尽情参与。
  角斗士几乎没有年龄限制,入门简单更让这款游戏成为许多玩家购买益智游戏的入门选择。
 このゲームがYahoo Gameにありまして、お試し版ながら遊べるわけでして、最近ついついそこに手が伸びてしまっていたんですね。「いやいや、このゲームは右脳の発達に効くらしいから」とか別に誰に聞かれたわけでもないのに言い訳までして。でもやっぱりお試し版なので最後までは遊べず、18手で終了になってしまうんです。あと3手で決着がつくのに~と歯がゆいったらありゃしない。ところが今日うっかりオンライン版で最後まで遊べるサイト―というか本家のサイトのようですけど―を見つけてしまいまして、「あぁ、もう、明日も授業で発表があるのにね、困ったね」とそんなこんなな状態になってしまいました。でもまぁ右脳が鍛えられるそうですから、皆さんもどうぞ試されてみてはいかがですか。オンライン版のコンピュータはYahoo Gameのコンピュータより強いので、最初はYahooで弱い相手を選んで楽しまれるのがいいかもしれません。

「ブロックス倶楽部」公式ホームページはコチラ
Yahoo Gameはコチラ。重いっす。
Blokus official websiteはコチラ(日本語です)。

 あ、中国語の引用文の中で下線を引いた単語“牙痒痒”は「歯軋りする。憤慨する。」という意味です。「角同士を繋げる」とか「辺と辺が繋がっては駄目」とか中国語でなんと言うのか学べますね。はい、お勉強お勉強。

↓↓ブログランキングに参加しています。一票よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
[PR]
by johny_gee | 2007-06-24 20:58 | ことば/语言/언어

20070623 パスポート

 そんな訳で昨日パスポートを取りに行ってきました。新しいパスポートにはICチップが入っているという話しは聞いていましたが、海外で申請してもちゃんとそれなんですね。
この旅券には電子部品(ICチップ)が内臓されていますので、次の点に注意し、携帯用の電子製品と同様に大切に使用・保管してください。

1.旅券を曲げたり、ねじったり、重い物を載せたり、衝撃を与えたりしないでください。
2.旅券を~以下略
だそうです。わたしはこれまでいっつもパスポートを持ち歩く時はただお尻のポッケに突っ込んでおくだけだったんですけど、これからはそうもいかなそうです。面倒だなぁ。

 帰りは2階建てバスの2階の一番前の席でウキウキしながら帰宅。北京の道路事情がいかに無秩序かせっかくだから収めておこうとデジカメで動画を撮っていたんですけど、これと言って渋滞もなく極々スムーズに帰ってきちゃいました。あら。

 さて、今日はこれからまた北京の東側へ出陣です。2日連続で東へ行くなんて初めてかしら。きたむーさんじゃんすさんとブロガーの会以来の再会です。
e0085163_16293939.jpgバスより。北京はこうしてよくバスが連なって走ってます。
e0085163_16312015.jpgわたしの学校前バス停付近。売っているのは果物・本・イカの鉄板焼き等等。


↓↓ブログランキングに参加しています。ワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
[PR]
by johny_gee | 2007-06-23 16:41 | 留学生活/留学生活/유학생활

20070621 本の読み方

 昨日の『紅楼夢』の授業の時に先生が「わたしたちは本を読むときに、作者は一体登場人物の内誰が好きなのかとか、誰のことを悪く思っているのかとか、そういうことをいつも頭に置きながら読んでいるでしょ」って言ったんですね。で、授業に出ているみんながウンウンとうなずいていたんですけど・・・・・・

えーーーーーーーーーーーーーーーーー
わたし生まれてこの方そんな本の読み方したことないんですけど。


 使わないようにしてましたけど、思わずフォントの大きさ変えちゃいましたよ。え、皆さんどうなんですか、本を読むときそんな事を考えてらっしゃってるんですか?例えば清水義範の小説とか読んでいると、明らかに作者の存在が文中に出てきますけど、それですらわたしとしてはその作品の中の登場人物としか見ていませんし、ましてや作者自身が作中の人物をどうこうなんてこれっぽっちも、ほんとに髪の先ほどにも考えたことがないんですけど。いや、そりゃ作者は自分の作品の登場人物それぞれにそれぞれの感情を持っているだろうとは思いますよ。でも、それは別にわたしの与り知らぬところの話じゃないんですか。わたしはその作品自体(の中の世界)を楽しみたいんであって、なにも現実世界の作者と作中人物には関心がないんですけどね。まぁそっちにも関心を向けたら、それはそれでなんというか読書の深みみたいのが増すのかもしれませんけど、それにしても生まれてこれまで考えてもみなかったことが当たり前のように語られててびっくりしました。今学期の授業で一番びっくりしたことかもしれない。

今日もおひとつクリックをお願いします。多谢!
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
[PR]
by johny_gee | 2007-06-21 23:59 | 授業/课/수업

20070619 雑記

 完全に雑記です。個人的メモに近い。

・中国には四大小説、四大戯曲とあるけど、日本にはないのかしら。わたしが知らないだけか。

・中国人は4を嫌うのに何で「四大~~」にするんだろ。『紅楼夢』が出てきたときに『金瓶梅』をはじかずにそのまま「五大~~」にすればよかったのに。

・逆から考えると日本は何で「四大~~」って言わないんだろう。ちょっと前に韓国人俳優の四天王ってのはよく聞いたけど、日本人の四天王ってくくりはあんまり聞かないよね。日本は、、、御三家か。やっぱり4を嫌うからかしら。

・そのくせして、日本の文学も戯曲も歌謡曲も、さらには笑いの中ででも死を扱う。これはいったいなんなのか。

・中国四大小説(『西遊記』、『三国志』、『水滸伝』、『金瓶梅』もしくは『紅楼夢』)の内『金瓶梅』もしくは『紅楼夢』がこうも日本で知名度が低いのはなんでなんだろう。そして―少なくともわたしがこれまでに聞いた話しでは―中国で一番人気があるのは『紅楼夢』なのはなんでなんだろう。

・例えば上に挙げた四大小説の子供向け版というのを中国ではよく見かけるけども(『紅楼夢』のはわたしもこのブログで取り上げました。ココとかココとか)、日本にはそういうのはない、、、よね?例えば絵本版『源氏物語』とか。これも何でだろうと思う。

 あ、それぞれの疑問に関してみなさん何らかの思うところがありましたら、是非是非書き込んでいただきたく。ほんの思いつきのことでも構いませんので、どうぞ書き込んじゃってください。これまで一度もコメントを記入したことない方もどうぞご遠慮なさらずに。わたし1人で考えてても煮詰まっていくだけですので、どうぞどんなことでも書き込んでいただければと思います。



↓↓こんな全くの個人的メモではありますがよろしかったらクリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
[PR]
by johny_gee | 2007-06-19 23:59

20070618 中国鉄道大紀行

 追記しました。
 あら、昼間開いた時に初めての方のコメントがあったんですけど、消えてしまいました。なんでしょう。この前もこういうことがありましたけど。ご本人が思うところあって消去したのならいいのですけど、エキサイト自体が最近不調だったのでその影響かしらと思わないでもありません。その方のコメントを要約しますと、「HSK8級だけくらいじゃ話しにならないよ」と。「言葉以外のスキルもとっても重要だよ」と。全くもってその通りだと思いますね。わたしも北京に来る前は所謂サラリーマンでして、その会社に入るときにはHSK9級を持っていましたけど、それで中国語が事足りたかと言えばちっとも足りませんでしたし、パソコン能力とかも全然足りないなぁという感じでした。そんな訳で留学中のみなさん気合入れて頑張ってくださいね~。

 さて、見られる時はなるべく見るようにしてきましたけど、もうすぐ一旦終了なんですね中国鉄道大紀行。「有!」「没有!」と言い合っている子供、子供ってなんでああなんでしょう。つい先日もうちの寮の前で子供が
 「有!
 「没有!
 「有!有!
 「没有!没有!
 「有!有!有!
 「没有!没有!没有!
とずっと続けていました。そうか、あんな時はこのお母さんの言った言葉を言えばよかったんですね。
别吵了啦!


追記分
[PR]
by johny_gee | 2007-06-18 22:17

20070617 PLUTO1-14A解説

 あ、ふと気付いてみれば10日も経ってました。漫画で中国語行きます。『プルートゥ』1-14Aの解答と解説です。画像は前回のを見ていただくということで、ココをクリック。

1;バッ
2;二人一组行动!照我这个现场指挥说的做……!!
3;妈的!算什么玩意儿!!
4;
5;
6;
7;嚓咔
8;バッ

いつもにもまして詳しくない解説へ
[PR]
by johny_gee | 2007-06-17 23:58 | 漫画/漫画/만화