けい。冬に桜の咲くところ出身。体内に7本のねじを持つ。2度の中国留学経験を持つ。中国語とその周辺をつれづれなるままに。


by johny_gee
カレンダー

<   2009年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 今朝、スポーツ新聞を読んでいたら、甲子園の改修工事のこと書いた記事がありまして、「球場の誕生時(1924年)からすれば大変ぼうだろう」と書いてありました。



 脱字だろうかと最初は思いました。1924年と比べたらとても「ぼう」である。う~ん、「何ぼう」かなぁ、いや「ぼう何とか」かも知れないなぁ。当てはまりそうな言葉は何かあるかなぁ……と考えることしばし、ふと「大変ぼう」で一言だと気づきました。


 分かんねーーーーーーーーよ!! 「大変貌」って書いてくれよ。







 あと、かなり前に、やはり報道記事で見た「殺そ剤」。さっぱりなんだか分かりません。「殺鼠剤」って書きなさいよ。そうすれば「あー、これは鼠を殺すものだな」って分かるでしょうよ。「さっそざい」と読めなくたってとりあえず構やしませんよ。つか、「殺そ剤」をあたしゃ本気で「ころそざい」って読んじゃいましたよ。読み方も間違えさせる、どんな薬剤だかも分からない。「殺そ剤」って書くことの利点がさっぱり分かりません。



 「皮ふ科」とかさぁ、何なのよ。「膚」って別に難しかないでしょうよ。


 あーあ、2009年最後の記事がこんなだよ。
 では、皆様、よいお年を!!


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。「そうだそうだ、漢字で書けよ!」思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-12-31 15:23 | ことば/语言/언어
e0085163_9351132.jpg
 先日、回転寿司に行きまして、横に座っている人をふと見てみたら、随分とお皿を積み上げているので、思わずiPhoneでこっそり撮ってしまいました。この段階で丸いお皿が20枚です。で、手前に写真入りメニューが写っているのが見えるかと思いますが、4貫一セットになっているのがお分かりいただけるでしょうか。回転寿司と言えば、たいていは一皿に同じものが二つ乗っているかと思いますが、このお店は長いお皿に4種類一つずつ乗っているお皿もあります。
e0085163_9215540.jpg あ、←こんな感じですね。きちんと4種収まってませんけど。ネタによっては3種類だったりもしますが、ともかく、このおじさんの丸皿の向こうに、この長い皿も1枚隠れているのです。つまり、この段階で22皿分。すごいなぁ。
 このおじさんが一体何皿食べるのか見届けようと、しょうがをつまんだり、お茶を飲んだりしながら時間稼ぎをしていたのですが、わたしはこの写真を撮った段階で割りとおなかいっぱいになっており、おじさんは一向に食べ終わる気配がないので、断念してお店を出ました。ちなみにわたしが席を立った段階で、おじさんは25皿目を食べ終え、更に獲物を狙うハンターのような目で次なるターゲットを見定めていました。ん~、あの後一体何皿食べたんだろ?

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-12-30 09:35 | 食べ物/吃儿/음식물
 いよいよ、今年も残すところあと3日と数時間となりました。そんな訳で、今年の反省を踏まえつつ、来年の学習計画なんぞをちょっと書いておこうと思います。

 えー、今年の反省と言いましても、上半期と下半期でまったく別の生活を送っているわけで、上半期の反省をしてもあまり今の生活に繋がらないので、反省はやはり下半期から、もっと具体的に言うなら就職してからになります。


 まずですね、就職前にわたしが漠然と思い描いていた、そしてそれがメインになるであろうと思っていた勉強方法というのは、「通勤電車の中で中国語をたくさん聴く」なんです。ところがですね、寮に入ることになりまして、電車に乗ることなく職場に行けちゃうんです。となると、メインになるであろうと思っていた勉強方法がいきなりつぶれてしまった訳で。通勤しているつもりで時間を取って聴けばいいじゃないかって話しですけど、そんな強い意志があれば苦労しませんやね。ま、そんなこと言っていても仕方ないので、来年は時間を決めて勉強時間を確保したいと思っていますけど。

 では、勉強時間を確保したとして、具体的にはどんな勉強をするかっていう点が重要になってくるわけですが、わたしはやはり"听写"中心に行こうかなぁと。"听写"もなるべく短いフレーズを何度もこなすようにしようと考えています。今は、大学院に行っていた時のように、なんだか小難しい論文を読んでそれについて30分一人で話すとかそんな能力は必要ないわけで、それよりももっと日常的なやり取りを中国語でスムーズにやり取りできる方が大切です。もちろん、業務上で必要になる専門用語的なものはありますけど。それらをもっとさらっと言えるようにもっていきたいと思っています。

 ただ、短いフレーズをたくさん聴こうと思うと、どうしても教材の音声になってしまいます。教材の音声は、やはり教材用であって、生きた中国語ではないので、北京人民广播电台などもなるべく聴いて、生きた中国語(=原稿を読むのではない中国語)も恒常的に耳に入れていきたいところです。

 あとは、Marieさんが呼びかけている読書会がホントに始動したら、これにも結構時間を割かなければいけなさそうです。でも、これは能力アップを期待できますね。ほかの人もいるので緊張感を持って勉強できそうですし。

 そうそう、今日、北京時代のクラスメイトからうれしいメールが届きまして、"你的中文咋一点都没有退步?反而更地道了!"と書いてありました。"一点都没有退步""反而更地道了"はお世辞にしても、まぁそれほど落ちてないのかも知れません。あーよかった。



 さて、その他の言語は。

 韓国語も听写かなぁ。帰国前に韓国にいる間は結構やっていたんですけど、帰国してからは一度もやっていません。トホホ。

 英語は、とりあえずsmart.fmをこなしていこうかと。

 広東語は、まぁ香港人に少し教わるくらいでいいかな。

 インドネシア語。まぁ気が向いたら、基本フレーズを覚えていこうかと。


 こうして書いておけば、多少は自分にプレッシャーをかけられるかな。


 皆さんの予定はいかがですか~~?


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-12-28 22:07 | 勉強/学习/공부
 中国語の勉強ネタを中心に、という意識があるので、どうも更新が鈍くなります。というのも全然勉強してないから。そう言えば最近ちょっとした翻訳を頼まれたんだった、というのを思い出したので、それをネタに。

 翻訳は中国語から日本語です。中国語の文章を書いたのは小学4年生の男の子のようです。どんないきさつかは知りませんが、どうやら日本で小学校に通っているようですが、日本語はあまり、もしくは全然できないみたいです。こんな中国語でした(一部です)。
还有的时候去外面把树木画下来不用画的很好,他的面目大多数画就好了,也就说把春、夏、秋、冬,它们的变化画下来,就可yí了,可是日语不会要不我也能和大家一起球,和知道理科,我一定要在加学日语,我一定要加油。
 むむむむむ、これは難しい。想像力を働かせないと何を言いたいのか分かりません。日本語の勉強もいいけど、中国語の勉強ももっと頑張った方がいいよと言ってあげたい、そんな感じです。


 やっぱり少しは英語の勉強もするかと思い、21日からsmart.fmで英語の勉強を再開しました。ん~、なんか使いにくくなったような気がするなぁ。まぁゆっくりと進めていこうと思います。
 そうそう、英語の得意な方にお聞きしたいのですが、smart.fmで例文を聴いていると「can」と「can't」がわたしには同じに聴こえる場合が多いんですけど、どうしたもんでしょうか。「できる」のか「できない」のか、そこは大変重要なことだと思うんですけど、もっとはっきり発音しなくていいんですかね。わたしの耳がまだ慣れてないだけなんでしょうけど。何か聞き取る上でアドバイスがございましたらぜひぜひ。


 何を思ったか図書館で『ゼロから話せるインドネシア語』という本を借りてみました。まさか、インドネシア語に手を出す気なのか。次は広東語じゃなかったのか。



 今日は下北にthe droogiesのライブを見に行きます。下北に行くなんて何年振りだろう?


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-12-26 14:01

20091223 散点步

 よく晴れた休日と言えばやはり散歩でしょう。と言うことでPENTAX K-xを片手にブラブラと。
e0085163_1932385.jpg
 最近はそこかしこで街路樹を切っているのを見かけます。結構な高さだと思いますけど、自力で登るんですね。
e0085163_19333725.jpg
 某お寺へ。そうか、こういう有名なお寺では除夜の鐘を突くのも有料なのか。
e0085163_19344351.jpg
 境内に猫がいました。猫は日向で丸くなる。
e0085163_1935338.jpg
 と思ったら寄って来ました。いやいや、寄り過ぎだって。
e0085163_19362394.jpg
 さらに寄って来ました。随分と人懐っこい猫です。


 散歩は続きます。
e0085163_194317.jpg
 開かずの門。か?
e0085163_19481528.jpg
 あら、かっこいいVWが。
e0085163_1949548.jpg
 こんなこぎれいなアパートの駐輪場にポンプが。まさか井戸水がくみ上げられるのでしょうか。

e0085163_19502620.jpg
 都電。ふぅ。随分歩いたなぁ。今日はぐっすり眠れそうです。あ、いや、たいていぐっすり寝てますけど。

■本メモ(20091223)
 『「R25」のつくりかた』 藤井大輔

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。

 そうそうPENTAX K-xには
[PR]
by johny_gee | 2009-12-23 19:57

20091222 冬至

 冬至です。先日行った銭湯では今日はゆず湯だそうです。行こうかなぁ、どうしようかなぁ。

 あら、わたし立冬の日に餃子がどうのこうのとか書いてますね。何を勘違いしているのでしょうか。餃子を食べるのは冬至です。

 という訳で、今日は「冬至と言えばこの歌!」というのをひとつ。わたしに教えてくれた中国の方は「中国人なら誰でも知ってる」と言っていました。
一九二九不出手;
三九四九冰上走;
五九六九沿河看柳;
七九河开八九雁来;
九九加一九,耕牛遍地走。

 冬至ではありますが、今日はいくらか暖かくなるみたいですね。北京にいる時は二十四節気そのままの気候になることが多くて怖いくらいでしたけど。

■本メモ(20091220)
 『とらちゃん的日常』 中島らも
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-12-22 06:30 | ことば/语言/언어

20091220 雑記

e0085163_173632100.jpg この日と同じ地点で。例によってPENTAX K-xで特に設定だの何だのはあまりいじらずに、適当にパシャッと。

 いやぁ、すっかりイチョウの葉も落ちましたねぇ。気づけば今年もあと10日余りです。ん~、半年前はまだ留学生で北京に住んでいたんだなぁ、まるで遠い昔のような気がしますが。
 最近は日本の本ばかり読んでいるので、そろそろ中国語の本も読もうかと。一応、数冊持ってきてはありますし。でも、図書館で借りてまだ読んでない日本の本もあるし、年が明けてからかなぁ。Marieさんも何やら呼びかけていますし、これに参加しちゃえばいやでも読むことにはなりそうだなぁ。どうしようかなぁ。

■本メモ(20092019)
 『あかんべぇ』 宮部みゆき

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-12-20 17:59
 北京にいる時に、ある中国人に「中国語を勉強している留学生はみんな"汉语"って言うよね、わたしたちは普通"中文"って言うけど」と言われました。じゃ、"汉语""中文"の区別は何なのかと訊いても向こうもうまく答えられませんでしたし、「いや、俺は"汉语"って言うよ」っていう中国人もいて、結局のところよく分からなかったのではありますが。ちなみにわたしのブログタイトルはその時のことを一応踏まえてるんですけどね。日本語読みしたときに4節欲しかったっていうのもありますけど。

 あ、中国人は"普通话"もよく使ってましたね。"你的普通话很好"と言われる時と"你的中文很好"と言われる時があって、はたしてこの二つの間には何か差があるのかなぁと思っていましたが、これもよく分かりません。

 今は、仕事で香港の人と"普通话"でやり取りすることも多々ありますが、この時"你的普通话很好"と言われるのは感覚としてよく理解できます。この場合の"普通话""广东话"と対になるものですから。でも"普通话"を普通に話す人が"普通话"と言ったり"中文"と言ったりする時に、何かそこに差を持たせているのでしょうか。まぁ、言葉の持つ範囲としては"普通话"の方が断然狭いはずですが。


 最近は台湾の人と話す機会も増えたので気付いたのですが、台湾の人はたいてい"国文"って言いますね。わたしが中国語を話すと"哇,你会国文啊!"とか、そういう反応が返ってきます。アレ、"国语"だったかなぁ? 今日も言われたけど忘れちゃいました。
追記20091220
 "国語"だそうです。 谢谢miikeda桑。 追記 ここまで


 そう言えば、広東語も勉強しようかなぁなんて3ヶ月前にここで書いた覚えがありますが、まったく手付かずです。この前香港人に「広東語は難しいですか」って聞いたら「はい、とても」って言われちゃったしなぁ、どうしようかなぁ。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-12-17 21:12 | ことば/语言/언어

20091216 戯れ言の続き

 今日も勉強方法論的なものをちょっとぐだぐだと書いてみます。まぁ、あくまでもわたしの考えであって、どなたにでもあてはまるというものではないでしょうし、反対意見の方もいらっしゃると思いますが。

 外国語を勉強している方はやっぱり「書く」「読む」「聞く」「話す」のどの能力もまんべんなく伸ばしたいと思っている方が多いんじゃないかと思います。ややもすると、どの能力もまんべんなく伸ばさなければいけないとか意味がないとか思っていらっしゃると思うんですよね。

















 それってちょっと望みが高すぎません? そんなねぇ、あれもこれもどれもすごいなんてねぇ、イチローじゃないんだからって話ですよ。いや、もちろんあれもこれもどれもすごい方がいいに決まってますよ。バッティングもすごい、守備もうまい、足も速いって方がいいに決まってますけど、そんなのプロ野球の選手だってそんなにいやしませんからねぇ。別に「バッティングはいまいちだけど守備はうまいぜ」っていうのを目指したっていいと思うんですよね。そりゃ、極端すぎるのはだめですよ、あくまでも「いまいち」、せめて「いまに」、もうひとつ譲って「いまさん」くらいでないと。

 発音だけに関して言ったってね、苦手な発音の一つや二つくらいあったって、そう大きな問題になりゃしませんよ。問題にならないから努力する必要はないっていう意味じゃないですよ、なるべくよくなるように努力はしなきゃいけません。でも、できないから駄目だって絶望する必要もないんです。語学学習は、スポーツもしくは楽器の練習と共通の部分があると思うんですね。例えば、日本語にない発音をマスターするのと、(野球で)カーブを投げるのをマスターする、どっちも本で見ただけじゃできるようにはなりませんよね。自分でやってみて、できてる人のを手本にして、修正を加えていって……こうして、体に覚えこませて段々とできるようになることだと思います。で、ここで外国語学習者の方に勘違いしてしまっている人が結構多いんじゃないかなとわたしが思っている点がひとつ。できるようになったら、もういつもいつもばっちりできるって思ってる方がけっこういらっしゃるんじゃないでしょうか。そんな、あーた、機械じゃないんですから。プロ野球のピッチャーだって試合のたびに「今日は変化球がうまく決まらなかったので」とか「今日は変化球の切れがよかったので」とか言ってますよ。いっくら体に覚えこませたって駄目です。発音だって好不調の波があるに決まってるじゃないですか。どんな単純作業をしてたって、調子よくできるときとそうでもない時がありますよね。それなのに発音は一度できるようになったらいつでもばっちりできると思ってるだなんて、逆にある意味発音を軽視しすぎなんじゃないですかって言いたいくらいです。


 なんだかぐだぐだ書きましたけど、平たく言えばつまりは「いつでもどこでも100点を目指してると疲れちゃうから、ほどほどでもOKって時も作りましょうよ」っていうことですね、はい。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-12-16 20:49 | 勉強/学习/공부
 『ダーリンの頭ン中』という本をお薦めします。副題的に「英語と語学」と付いていますが、英語に限らず語学を勉強している方は楽しめるかと。本文も面白いし、合間合間に入っているコラムもためになると思います。そんなコラムの中から、非発音至上主義を掲げるわたしとしては諸手を上げて賛成したくなるような一文を引用させていただきます。
めざすのは美しいコミュニケーション

 英単語を完璧に発音できない人は「コミュニケーション・センス」で勝負すればいい。具体例として、「reverse」 (逆、後進)を考えよう。カタカナ通りに「リバース」と発音したら、「rebirth」 (再生、更正)にも聞こえてしまう。車をちょっとバックさせてほしいというつもりで「I need (to) reverse」と言ったら、下手すれば、宗教的な話を持ち込まれていると相手に勘違いされ、驚かれてしまう。誤解されないためには「前後関係」をつくるのが一番だろう。車のことで困っているという、自分のおかれている状況が相手によく理解してもらえるように、「car」 (車)をはじめ二、三のキーワードを述べ、そしてジェスチャーを付けて話したら、意味が伝わりやすいだろう。考えてみれば、「reverse」が完璧に発音できる人であっても、相手が分かってくれるとは限らない。世の中には英語のネイティブばっかりではないからだ。目指すのはきれいな「V」の発音ではなく、うまく伝えることができる美しいコミュニケーションだ。
          『ダーリンの頭ン中』 30ページより
 あー、これですこれ。よくぞ言ってくれました。発音至上主義がまかり通る中で、こうして出版物の中にこんな内容が書いてあるとうれしくなります。
 例えば"他快驱使迟到以便不"なんて、例えCCTVのアナウンサー並みに正しい発音で100回言ったとしても、きっと通じません。ちなみにこの文章はココから持ってきたものですけど。
 あと、「発音は間違えて覚えてしまうと後で矯正が難しい」とか「発音を初めにマスターしておくと後で楽」とかよく言われていますが(そしてわたしも決してそれを否定しませんが)、「後で直すのが大変なのは発音だけじゃないよ」とも言いたい訳です。中国語に関して言えば、例えば日本語や韓国語と比べて、はるかに語順の重要度が高い言語と言えます。中国語の語順が身についていない人は、いつになっても中国語らしくない中国語になりますし、初期の段階で語順をつかめれば「後で楽」だという点も発音と一緒です。

 ま、わたしの屁理屈はどうでもいいや。どうぞ、学習の合間の気分転換に『ダーリンの頭ン中』をどうぞ。基本的にマンガですから楽に読めると思いますし。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-12-15 22:35 | 勉強/学习/공부