けい。冬に桜の咲くところ出身。体内に7本のねじを持つ。2度の中国留学経験を持つ。中国語とその周辺をつれづれなるままに。


by johny_gee
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

20090118 覚えろ! 何を? 書き順を!

e0085163_858062.jpg 釜山くんだりまで来て何をしているのかというと、実は図書館に行って本を読んでいたりします。あ、韓国語の本ではなく、自分で持ってきた日本語や中国語の本ですけど。
 さて、左の写真のハングルですが、漢字に直すと[第1閲覧室 男子用]。ということで、他の図書館がどうなのかは知りませんが、釜山南区図書館では閲覧室が男子と女子とに分けられています。

 先日閲覧室で本を読んでいたら正面に小学3,4年生くらいの子が座って勉強を始めました。何の気なしに眼をやると漢字の練習をしています。韓国人もこんなに小さい時から漢字の練習するんですね。ページの左のほうにお手本の漢字が印刷してあって、右側に10回くらい練習するようにマスが空いています。

 最初に練習した文字は「根」でした。見ていてびっくりしました。ある種のカルチャーショックです。ものすごい書き順なんです。最初に「十」を書いたと思ったら次は左へ払わずに左下から右上へ持ち上げてきました。つまり、「十」を書いた後、ひらがなの「へ」を書くかのようにして「木」と書いたのです。
 続いて旁。まず「日」を書きました! そして左下に縦線を伸ばし、右下への払いを書き、払いの中間辺りから右上に向かってちょっと線を書き、最後に「艮」左下の本来ならば「撥ね」である部分を書き足しました。

 すごいすごいすごい。こんな書き方は見たことがありません。わたしは「正しい書き順」というのは参考程度にすればいいのであって、それを試験にするなんてとんでもないくらいに思っている口ですが(どうせ日本と中国で同じ漢字でも「正しい書き順」が違ったりしているくらいですし)、それにしてもこの子の書き方にはびっくりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
↑ランキングに参加しております。情報が役立ったと思われましたら是非ワンクリックお願いします。
[PR]
by johny_gee | 2009-01-18 09:24 | 2009冬@韓国